NHK大河ドラマを初月無料で見る方法
本ページはプロモーションが含まれています。

大河ドラマ【竜馬がゆく(1968年)】再放送は?動画配信はどこで見れる?原作:司馬遼太郎。主演:北大路欣也さん

1968年大河ドラマ「竜馬がゆく」第16話脱藩 ドラマをイッキ見する方法
1968年大河ドラマ「竜馬がゆく」第16話脱藩

1968年(昭和43年)大河ドラマ6作目「竜馬がゆく」は、幕末が舞台。

「竜馬がゆく」は、「花神」「国盗り物語」「翔ぶが如く」「徳川慶喜」「功名が辻」と並んで、司馬遼太郎先生原作の大河ドラマです。

主人公の坂本竜馬を演じたのは、北大路欣也さん(当時25歳)です。

この記事でわかること

1.「竜馬がゆく」再放送は?見逃し配信はどこで見られる?

2.「竜馬がゆく」を見る方法は?

3.「竜馬がゆく」あらすじ、キャスト、見どころは?

についてまとめました。


U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」のイッキ見はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

1968年大河ドラマ「竜馬がゆく」は、NHKに唯一現存する第16話”脱藩(37分)”の貴重映像を視聴することができます。大河ドラマ最後のモノクロ作品です。

今では一般的となった「お国ことば」も「竜馬がゆく」から採用された試みです。北辰一刀流の筋がいいと指導者をうならせた主演の北大路欣也さんも、土佐弁には苦労されたようです。日常生活もずっと土佐弁を話していたというエピソードが残っています。

幕末から明治時代関連の大河ドラマ「徳川慶喜」「篤姫」「西郷どん」「翔ぶが如く」と併せて視聴すると楽しさ百倍です。

いろは
いろは

歴代の大河ドラマでは坂本龍馬の名前は「龍馬」と「竜馬」の2通りの表記があります。司馬遼太郎作品を原作にしたものは原作にならって全て「竜馬」表記になっています。ですので、司馬原作ではない2011年福山雅治さん主演「龍馬伝」は「龍馬」です。

「竜馬がゆく」放送・再放送予定

初回放送
1968年1月7日~12月29日

再放送
現在再放送予定はありません。(2023年8月時点)
☆再放送の情報が入り次第、お知らせいたします。

大河ドラマ「竜馬がゆく」現存する第16話”脱藩”

どこで見れる→U-NEXTのNHKオンデマンドが31日間無料でお試し!



U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」第16話はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

大河ドラマ「竜馬がゆく」はどこで見れる?

大河ドラマ「竜馬がゆく」はNHKのドラマですので、NHKオンデマンドで視聴することになります。

NHKオンデマンドを視聴するには、以下の方法があります。

サービス名配信状況初月無料期間月額(税込)
特記事項
U-NEXT31日
1000ポイント付与
ポイントで
NHKオンデマンド0円
2,189円
1200ポイント付与
ポイントで
NHKオンデマンド0円
Amazon プライムビデオ30日
NHKオンデマンド
別途購入990円
600円
NHKオンデマンド
別途購入990円
TSUTAYA DISCASDVDレンタル30日間2,052円
Hulu×なし1,026円
※2023年9月時点の情報です。

Amazon プライムビデオは2023年8月24日に値上げされました。 改定後の価格は、年会費が1000円上がり、年額5900円。 月会費は100円あがり月額600円(1年間で7200円)

Huluの2週間無料トライアルの提供は、2023年8月30日(水)午前9:59で終了。2023年8月30日(水)午前10:00以降に登録の場合、登録時点で月額料金の支払いが必要。

ユーザー
ユーザー

NHKオンデマンドは有料だしどうししようかな…

いろは
いろは

U-NEXTなら、31日間無料お試しできるので、NHKオンデマンドの使い心地を試してみるのにおススメです。今すぐイッキ見できます。

大河ドラマ「竜馬がゆく」現存する第16話”脱藩”

どこで見れる→U-NEXTのNHKオンデマンドが31日間無料でお試し!

U-NEXT(ユーネクスト)でNHKオンデマンド登録はこちら

NHKオンデマンドを試したい方はU-NEXT!

NHKオンデマンドを試したいけど、初月990円かかるのはちょっとどうかな?と思う方は動画配信サービスU-NEXTをまずはお試しになるといいと思います。

U-NEXT(ユーネクスト)は、現在放送中の大河ドラマ「どうする家康」や、「竜馬がゆく」と同じ幕末~明治時代の「勝海舟」「徳川慶喜」「篤姫」「西郷どん」「飛ぶが如く」「花神」「花燃ゆ」「八重の桜」作品を含む約29万本の作品が見放題で配信しています。

>>歴代大河ドラマのイッキ見情報はこちらから

U-NEXTでは初月31日間無料でお試しできる上、1000円分のポイントがもらえます。このポイントをNHKオンデマンドの月額料金に充当できる人気の動画配信サービスです。

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込み)。1200ポイント付与で実質NHKオンデマンド0円。

U-NEXTはこんな方向けです

・NHKオンデマンドがどんなサービスか試してみたい。
・「竜馬がゆく」第16話だけ大急ぎでイッキ見したい。
・パソコンやスマホで「竜馬がゆく」を見たい。
・幕末が舞台の大河ドラマを見比べをしたい。
・北大路欣也さんの作品もイッキ見したい。

U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」第16話はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

↑このNHKオンデマンド専用ボタンから申し込むと、1000円分のポイントが付与されます。通常のU-NEXTの申し込みページからだと600円分だけの付与になるのでご注意ください。

いろは
いろは

U-NEXTのNHKオンデマンド専用はオレンジ色のボタンです。↑をポチっとして確認してみてください。

>>U-NEXTの詳しい登録の仕方はこちら

大河ドラマ「竜馬がゆく」関連のDVD発売情報!

NHK思い出倶楽部~黎明期の大河ドラマ編に「竜馬がゆく」が収録されています。

永久保存版として所蔵するのもいいですね。

大河ドラマ「竜馬がゆく」基本情報

放送年1968年(昭和43年)
大河ドラマ6作目
放送期間1968年1月7日~12月29日
話数全52話(視聴可能なのは第16話”脱藩”)
原作司馬遼太郎『竜馬がゆく』
脚本水木洋子
音楽間宮芳生
主な出演者坂本竜馬:北大路欣也(25)
乙女:水谷良子(29)
栄:八木昌子(30)
おやべ婆やん:菅井きん(42)
武市半平太:高橋英樹(24)ほか
( )は当時の年齢
語り滝沢修
公式HP竜馬がゆく
配信先U-NEXT
大河ドラマ「竜馬がゆく」基本情報

U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」第16話はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

「竜馬がゆく」のみどころ

第16話”脱藩”は、37分間の貴重な映像でした。北大路欣也さんの若くてりりしい姿と、長セリフの連続にあっという間に話が展開していきます。

竜馬の姉たちが、脱藩に理解を示し、竜馬を後押ししている姿に共感しました。

いろは
いろは

登場人物が全員、早口で長セリフを展開していきます。U-NEXTは0.6~2倍速まで再生速度が変えられるので、ゆっくり再生してセリフをじっくり味わいました。

幕末がテーマの大河ドラマは数多くありますが、それぞれ登場人物のセリフが違っているので、味わい深いです。

>>「飛ぶが如く」を見るならここから

>>「龍馬伝」を見るならこちらから

U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」第16話はここから!

このボタンからで1000ポイントプレゼント
登録3分!まずは31日間無料体験

「竜馬がゆく」の全体あらすじ

幕末から維新へ向かう激動の時代、幕末の風雲児・坂本竜馬の短くも激しく燃えた生涯を描く。

土佐藩を脱藩した竜馬は、貿易商社・海援隊を設立。対立する人々の仲立ちに奔走し、薩長連合を成立させ、ついには徳川慶喜に大政奉還を決断させる。

U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」第16話はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

まとめ

1968年(昭和43年)大河ドラマ6作目「竜馬がゆく」は、幕末が舞台。

主人公の坂本竜馬を演じたのは、北大路欣也さん(当時25歳)です。

この記事でわかること

1.「竜馬がゆく」再放送は?見逃し配信はどこで見られる?

2.「竜馬がゆく」を見る方法は?

3.「竜馬がゆく」あらすじ、キャスト、見どころは?

についてまとめました。

大河ドラマ「竜馬がゆく」第16話はU-NEXTのNHKオンデマンドで配信中です。

「竜馬がゆく」と一緒に、司馬遼太郎先生原作の「花神」「国盗り物語」「翔ぶが如く」「徳川慶喜」「功名が辻」の5作品を見て、司馬遼太郎ワールドに浸りましょう!

また、幕末が舞台の大河ドラマ「徳川慶喜」「篤姫」「西郷どん」「翔ぶが如く」もぜひ、一緒にどうぞ!。

U-NEXT31日間無料体験で「竜馬がゆく」も幕末大河ドラマのイッキ見もここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の情報はU-NEXT、TSUTAYA DISCAS公式サイトでご確認ください

管理人いろは

中学2年生の国語の授業で平家物語「敦盛の最期」を勉強して以来、歴史ドラマにはまっています。特にNHKの大河ドラマが大好きです。リアルタイムでテレビを見る時間がないので、あとから見逃し配信を見たり、過去の作品をイッキ見して楽しんでいます。ゆかりの地を訪ねるのも楽しみの一つです。ドラマにほへとでは、管理人いろはが実際に見た大河ドラマの情報をまとめています。PCやスマホでイッキ見する方法も紹介しています。大河ドラマよ永遠に♪

いろはをフォローする
ドラマをイッキ見する方法
シェアする
いろはをフォローする
ドラマにほへと

コメント

タイトルとURLをコピーしました