NHK大河ドラマを初月無料で見る方法
本ページはプロモーションが含まれています。

大河ドラマ【独眼竜政宗】あらすじやキャスト、みどころは?

独眼竜政宗 キャストあらすじみどころ ドラマをイッキ見する方法
独眼竜政宗 キャストあらすじみどころ

1987年放送の大河ドラマ『独眼竜政宗』のみどころはなんといっても主演の渡辺謙さんの品格の中のギラギラ野性味あふれる演技と、周りをがっちり固める豪華なキャストの気迫に満ちた演技です。

『独眼竜政宗』は、戦国時代末期、陸奥国(現在の青森県、岩手県、宮城県、福島県)を拠点に、仙台藩62万石の礎を築いた「伊達政宗(だてまさむね)」の生涯を描いた作品。

放送当時、政宗の幼年・梵天丸(藤間遼太くん)の「梵天丸もかくありたい。」のセリフが大流行しました。

『独眼竜政宗』は放送から30年以上たっても、今なお大河ドラマの中で一番好きと答える方が多い名作中の名作です。リアルタイムで見た方も、改めて見るとまた違う感情が湧いてくること必至です。

U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」はここから!

このボタンからで1000ポイントプレゼント

「独眼竜政宗」のあらすじ

伊達政宗(渡辺謙さん)は16代当主・輝宗(北大路欣也さん)と義姫(岩下志麻さん)の嫡男として誕生。

5歳で疱瘡を患って右目を失明するが、虎哉宗乙和尚(大滝秀治さん)の薫陶で、たくましく成長していきます。

18歳で家督を継いでから苦難の道を進みながら、勇猛果敢で知恵と才覚に優れ、時代を先読みする力を持ち続けた伊達政宗の生涯が描かれていきます。


U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」はここから!

「独眼竜政宗」を見るならU-NEXT!まずは31日間無料体験
登録3分!このボタンからで1000ポイントプレゼント

『独眼竜政宗』のみどころと感想

歴代最高視聴率を打ち立てた大河ドラマの金字塔なのですが、ジェームス三木さんの脚本のすばらしさ、伊達政宗を演じた渡辺謙さんをはじめとする豪華キャスティングが全員ハマりすぎでした。

リアルタイムで見ていた頃には気づかなかったのですが、政宗が母と確執を持ち続けていたのは、似た者母子だったからこそ。ということです。母役の岩下志麻さんの気迫のこもった演技に、当時は怖いとしか思わなったのですが、今ではその気持ちも分かります。

特に豊臣秀吉(勝新太郎さん)さんの怪演と、その大物に相対する渡部謙さんの若くてギラギラした様子が名場面中の名場面だと思います。

政宗の幼少期・梵天丸も藤次郎も素朴で素晴らしくて、愛姫を演じる後藤久美子さんも美しく、序盤から最終話まで日本全国が釘付けになりました。当時「梵天丸はかくありたい」というセリフが大流行しました。

梵天丸が不動明王を見て「化け物のように恐ろしい顔つきの不動明王がなぜ神様なのか」と喜多に聞いて、それに宗乙和尚が「不動明王は悪を追い払う、優しい神だ」と説きます。そして自分の姿を重ね合わせた梵天丸が「梵天丸は、かくありたい」と思います。

子どもから大人まで、なぜここまで『独眼竜政宗』に魅かれたのかを考えると、渡辺謙さんの押し出しの強い太陽のような明るさと、幼い頃に天然痘で右目を失明したという苦悩が混在していて、見る人の心に深く沁み込んだのだと思います。また、器はあるのに時代や天下に選ばれなかった。という点も無常観を強く感じて、最後まで見届けないではいられない作品になったのだと思います。

2022年秋、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にちなんで金沢文庫「運慶展」に行きました。運慶作「不動明王」の写真をこちらに↓

2022年11月金沢文庫「運慶展」より不動明王像。
いろは
いろは

当時『独眼竜政宗』をリアルタイムで視聴していまして、宗乙和尚が「悪を懲らしめるため。本当は優しい。」と言っていましたが、そうは言っても不動明王の形相は怖いよね…と思った記憶があります。

昨年の大河ドラマ「どうする家康」では松本潤さんが家康を演じましたが「独眼竜政宗」で家康を演じたのは津川雅彦さんで、津川・家康といえば2000年の「葵・徳川三代」でのゴッドファーザーのような凄みのある家康が印象的なのですが、「独眼竜政宗」での津川・家康は、誠実なお人柄でした。

例えるなら「江~おんなたちの戦国」で北大路欣也さんが演じた家康に雰囲気が似ている気がします。

いろは
いろは

今回改めてじっくり視聴してみまして、当時は気づかなかった義姫(岩下志麻さん)の気持ちや、喜多(竹下景子さん)の姿にジーンときまして、見る側の年月も感じました…。

U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」はここから!

大河ドラマ「独眼竜政宗」基本情報

大河ドラマ25作目
放送期間1987年1月4日~12月13日
全回数全50話(カラー作品)
原作山岡荘八『伊達政宗』
脚本ジェームス三木
演出樋口昌弘 他
音楽坂田晃一
キャスト伊達政宗:渡辺謙(28)
藤次郎:嶋英二(15)
梵天丸:藤間遼太(7)
愛姫:桜田淳子(29)/後藤久美子(13)
伊達輝宗:北大路欣也(44)
保春院:岩下志麻(46)
喜多:竹下景子(34)
虎哉宗乙:大滝秀治(62)
豊臣秀吉:勝新太郎(56)
徳川家康:津川雅彦(47)
伊達成実:三浦友和(35
片倉景綱:西郷輝彦(40)
鬼庭左月:いかりや長介(56)
松平忠輝:真田広之(27)
最上義光:原田芳雄(47)
高台院:八千草薫(56)
豊臣秀次:陣内孝則(29)
浅野長政:林与一(45)
石田三成:奥田瑛二(37)
大野治長:榎木孝明(31 その他
( )内は当時の年齢
語り葛西聖司
公式HP独眼竜政宗
「独眼竜政宗」基本情報

U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」はここから!

『独眼竜政宗』の配信スケジュール

配信スケジュールについては、こちらの記事をどうぞ↓

大河ドラマ「独眼竜政宗」

いつから見れる→2024年1月25日(月)

どこで見れる→U-NEXTのNHKオンデマンドが31日間無料でお試し!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

「独眼竜政宗」を配信で見るには

2024年1月25日(木)からNHKオンデマンドで配信スタートです!「独眼竜政宗」を見たい方は、U-NEXTをおススメします!


U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」のイッキ見はここから!

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

31日間無料体験期間のあるU-NEXTがおススメ!

NHKオンデマンドに直接契約した場合、無料体験期間がないので、すぐに料金がかかります。

配信サービス配信状況無料期間
U-NEXT31日間
NHKオンデマンドなし
表にするとこんな感じです。
いろは
いろは

ですので、
31日間無料体験できるU-NEXTを経由してNHKオンデマンド契約が断然お勧めです。

いろは
いろは

今の配信スケジュール予定(木、金、土に3話ずつ配信)で3月5日に最終話まで配信される予定です。U-NEXTからNHKオンデマンドまるごと見放題パックの登録でいますぐ『独眼竜政宗』が見れます。


U-NEXT31日間無料体験で「独眼竜政宗」も「どうする家康」もここから!

「独眼竜政宗」を見るならU-NEXT!まずは31日間無料体験
登録3分!このボタンからで1000ポイントプレゼント
いろは
いろは

↑のボタンで開くNHKオンデマンドの専用ページからの申し込みで、1000円分のポイントがもらえます。一般的なU-NEXTのページだと600円しかもらえないので注意して下さい。

U-NEXTの詳しい登録方法はこちらをご参照ください。

まとめ

1987年放送の大河ドラマ『独眼竜政宗』は、戦国時代末期、陸奥国(現在の青森県、岩手県、宮城県、福島県)を拠点に、仙台藩62万石の礎を築いた「伊達政宗(だてまさむね)」の生涯を描いた作品。

みどころはなんといっても主演の渡辺謙さんの品格の中のギラギラ野性味あふれる演技と、周りをがっちり固める豪華なキャストの気迫に満ちた演技です。

『独眼竜政宗』を視聴するならU-NEXTでNHKオンデマンドがおススメです。

この記事でわかること

1.『独眼竜政宗』のあらすじやキャスト、見どころは?

2.『独眼竜政宗』見逃し配信はどこで見られる?

について、お届けしました。

大河ドラマ「独眼竜政宗」

いつから見れる→2024年1月25日(木)~

どこで見れる→U-NEXTのNHKオンデマンドが31日間無料でお試し!

いろは
いろは

今も「独眼竜政宗」が大河ドラマの中で一番好きと答える方が多い、名作中の名作です。リアルタイムで見た方も、改めて見るとまた違う感情が湧いてくること必至です。ぜひ、この機会にU-NEXTのNHKオンデマンドで心ゆくまで堪能してください。

本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の情報はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

管理人いろは

中学2年生の国語の授業で平家物語「敦盛の最期」を勉強して以来、歴史ドラマにはまっています。特にNHKの大河ドラマが大好きです。リアルタイムでテレビを見る時間がないので、あとから見逃し配信を見たり、過去の作品をイッキ見して楽しんでいます。ゆかりの地を訪ねるのも楽しみの一つです。ドラマにほへとでは、管理人いろはが実際に見た大河ドラマの情報をまとめています。PCやスマホでイッキ見する方法も紹介しています。大河ドラマよ永遠に♪

いろはをフォローする
ドラマをイッキ見する方法未分類歴代大河ドラマ
シェアする
いろはをフォローする
ドラマにほへと

コメント

タイトルとURLをコピーしました