NHK大河ドラマを初月無料で見る方法

感想

どうする家康

【どうする家康】第18話ネタバレあらすじ「真・三方ヶ原合戦」再放送は?どこで見る?夏目広次は吉信「殿なら大丈夫」

2023年大河ドラマ「どうする家康」第18話は、17話の最後に首を取られたのが家康なのかどうか、そして、誰もが不思議に思っていた「なぜ家康は夏目広次の名を覚えられないのか?」の答えが出る回です。今までの伏線がどんどん回収されていきますが、回...
鎌倉殿の13人

【鎌倉殿の13人】46話”将軍になった女”ネタバレあらすじと感想

最終回まであと2話となった「鎌倉殿の13人」46回では政子とが尼将軍に。実衣が処罰されるかも。トキューサが蹴鞠外交し、三寅が四代目鎌倉殿になることが決まります。草燃えるとの見比べにはU-NEXTでNHKオンデマンドが便利です。
鎌倉殿の13人

【鎌倉殿の13人】44話ネタバレあらすじ「草燃える」との比較

44話「審判の日」は、1219年1月27日、実朝が鶴ケ岡八幡宮に右大臣拝賀に向かう長い一日を描いています。義時が見た白い犬の夢や、運慶が作った仏像、実朝と政子、公卿とつつじの母子の葛藤。義村の出方と源仲章とのえは。修羅の道に進む義時のそばには時房。
大河ドラマ

【鎌倉殿の13人】43話 ”資格と死角”ネタバレあらすじと感想。新13人と蹴鞠トキューサ。

【鎌倉殿の13人】43話 ”資格と死角”ネタバレあらすじと感想。新13人と蹴鞠トキューサ。実朝の跡を継ぎに公卿が戻ってきたが実朝は朝廷から養子に迎える決断。三浦義村の計略で義時への恨みが募る公卿。政子とトキューサは京でコミュ力を発揮。のえと仲章に怪しい空気。
大河ドラマ

【鎌倉殿の13人】39話 ”穏やかな一日”ネタバレあらすじと感想。実朝が和歌に込めた思いと菅沼泰時の鈍感力。

【鎌倉殿の13人】39話 ”穏やかな一日”ネタバレあらすじと感想。実朝(柿澤勇人)が和歌に込めた思いと菅沼泰時(坂口健太郎)の鈍感力。義時(小栗旬)の傲慢な態度に三浦義村(山本耕史)と和田義盛(横田英司)は不満。公卿も登場。「草燃える」との違いも紹介します。
大河ドラマ

【2022年10月最新】まだ間に合います!「鎌倉殿の13人」とは?再放送と見逃し配信情報も全部イッキ見!

大河ドラマ史上最高傑作と呼び声の高い、脚本・三谷幸喜、小栗旬、小池栄子主演の2022年「鎌倉殿の13人」。今までの内容と再放送やイッキ見方法を全部ご紹介します。見ていない方もまだ間に合います。【2022年10月最新】13人って誰?初回からの退場者や「草燃える」との比較も。
鎌倉殿の13人

【鎌倉殿の13人】21話 ”仏の眼差(まなざ)し”八重の最期 ネタバレあらすじと感想

運命のいたずらか、天命なのか。八重と義時の幸せな日々が終わりを迎えます。「鎌倉殿の13人」13話でようやく思いが通じ、幸せな夫婦生活を送ってきた小四郎と八重に突然襲い掛かった悲劇。こののち八重に助らた鶴丸は泰時のそばを離れず支えていきます。
大河ドラマ

【鎌倉殿の13人】35話 ”苦い盃”中川大志の畠山重忠とサプライズ大竹しのぶ あらすじと感想

【鎌倉殿の13人】35話 ”苦い盃”中川大志が好演する畠山重忠の拳に『坂道のアポロン』の千太郎を思い出す。サプライズ主演大竹しのぶのあらすじと感想です。ちょうど『草燃える』の5話の初め辺りです。武士の鑑の畠山重忠と義時の行く末は。りく、のえの権力欲がすごい。
大河ドラマ

【鎌倉殿の13人】34話 ”理想の結婚” ようこそ実朝、のえとキノコ作戦 ネタバレあらすじと感想

【鎌倉殿の13人】34回は三代目源実朝の成長と結婚話に、しばし穏やかな時が流れます。義時のキノコ作戦の結果と、のえの本性は?八田知家の見定めは正しかったのか?武蔵をめぐって時政の暴走と畠山重忠の今後や、京では平賀朝雅がりくの息子・政範を迎えます。三浦義村の名言も。
大河ドラマ

【鎌倉殿の13人】33話 ”修善寺” 頼家、善児 ネタバレあらすじと感想

33話では頼家と善児が散り、トウの思いも明らかになりました。『鎌倉殿の13人』後半は、良い人になると退場が近くなるという展開が続いています。義時の心の葛藤と希望の星である泰時、和歌を学ぶ実朝、時政とりく、政子と実衣の北条家のバトルも目が離せません。