NHK大河ドラマを初月無料で見る方法
本ページはプロモーションが含まれています。

【鎌倉殿の13人】26話”悲しむ前に”ネタバレあらすじと感想 主人を振り捨て暴れ始めた鎌倉

大河ドラマ

「鎌倉殿の13人」26話では、神に守られていた頼朝が最期の時を迎えます。
主人を振り捨て荒々しい馬のように暴れ始める鎌倉。

26話のみどころと感想をお届けします。

1000ポイントで実質0円
登録3分!まずは31日間無料

26話のあらすじ

義時の悲しげでやるせない表情が印象的な回です。
が、義時は悲しみに浸っていられず、責務を果たすべく奔走します。

あらすじです(ネタバレ注意)

安達盛長(野添義弘)が涙に暮れる中、義時(小栗旬)は先を見据え、大江広元(栗原英雄)らと頼朝の嫡男・頼家(金子大地)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。しかし、比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)が、夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗。鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻った頼家は……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/26.html


義時は、嫡男の頼家に跡を継がせるために
比企と北条の関係調整、朝廷への働きかけ、葬儀の準備へと粛々と動きます。


頼家の乳母夫の比企能員(佐藤二朗)と、
頼朝の弟・阿野全成(新納慎也)を鎌倉殿にたてようとする
北条時政(坂東彌十郎)というか、たきつけた妻・りく(宮沢りえ)。
政権争いの思惑が乱れ、
駆け引きが行われていきます。

時政は、ここまで、のんびりいい人で描かれていましたが、
(今回も婿殿のために水垢離(みずごり)をしました→途中でやめちゃいましたけど)
ときどき見え隠れしていた時政の山っ気が、
りくの言葉で火が付いたぞーという感じです。

いろは<br>
いろは

義時だけは前回まで変わらないキャラクターですが、
次回以降、どんどん表情が変わっていきそうですね。

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

印象的なシーン

26話の印象的なシーンを3つ、ご紹介します。

①臨終出家の折、頼朝の髻(もとどり)から小さな観音が出てきたシーン


26回は『吾妻鏡』に記載がないため、
『百練抄』と『猪隈関白記』からのドラマ構成とのことです。

名のある都人が行うとして、
極楽往生のために死の間際に臨終出家の儀式が行われました。

お経が響き渡る中、頼朝の髻が切られ、
髪の中から小さな観音様が出てきました。
それを見た政子が泣き崩れます。


石橋山の戦いに敗れて洞窟に隠れている場面で、
頼朝が髻の中から出してきた観音様です。


こんな感じでしょうか👇

鎌倉歴史文化交流館展示品 2022年7月7日管理人いろは撮影






②政子が小さな観音様を義時に渡すシーン

最後のシーンでは、鎌倉を去ろうとする義時に政子が切々と訴えます。
義時は、自分の役目は終わったら伊豆に帰ると言います。

ここで、義時が伊豆に引っ込んでいたら、歴史は変わっていたのかもですが、
政子と義時は、もともと仲の良い姉弟ですし、そうは問屋が…です。

政子は義時に鎌倉に残るよう訴えます。
「あなた、ひきょうよ」から始まり
「責任を取りなさい!」とまで。
そして、最後に小さな観音様を義時の手に握らせます。

大事な姉から命運を預けられたら、姉思いの弟としては断れないですよね。
義時は(参ったなー)という表情しつつ、心を決めたようです。

③義時の息子・頼時(太郎・坂口健太郎)が、落馬について話す

頼朝の葬儀が終わり、
寂しそうにたたずむ義時のそばに息子・太郎(坂口健太郎)がやってきます。

太朗「鎌倉殿のお召し物は肩のあたりが汚れていたと。
   手をついていない証拠です。
   先に気を失われたので、振り落とされて訳ではありません。」
義時「よくぞ見抜いた」(深い安堵のため息)

落馬して命を落とすなど武士としてあるまじき姿、
頼朝の面目が保たれて、義時はほっとした様子でした。

太朗の洞察力と冷静さは将来その力が発揮されそうです。

いろは
いろは

7月11日(月)フジ月9で放送スタートの
「競争の番人」でも坂口健太郎さんの鋭い洞察力が
光ってますね。

まとめ

政子は頼朝との間に二男二女を儲けましたが、
1199年には頼朝と次女・三幡が相次いで亡くなっており、
政子の悲しみは計り知れないものがあると思います。
頼朝から政に口出しするなと言われていたのに、そうもいかなくなってきます。
義時に切々と訴えるシーンは、承久の乱で御家人をまとめた有名な演説を想像させます。

「全部、頼朝(大泉)のせい」と言われ続ける中、演じ抜かれた
大泉洋さんお疲れ様でした。

坂口健太郎さん演じる北条泰時の存在感も増してきています。
27話以降、13人の御家人のパワーゲームと若い世代の活躍が楽しみです。

>>鎌倉殿の13人』のあらすじネタバレを全話紹介 はこちらから。


(26回資料:NHK大河ドラマ・ガイド「鎌倉殿の13人」前後編、
NHK大河ドラマ歴史ハンドブック「鎌倉殿の13人」)

まずは31日間無料体験!
このボタンからで1000ポイントプレゼント

最後までお読みいただきありがとうございました。27話のあらすじ

本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の情報はU-NEXTサイトでご確認ください。

U-NEXT
U-NEXTの青の画像

22万本以上の見放題動画と3万本以上のレンタル動画が楽しめる動画配信サービス。NHKオンデマンドをU-NEXT内で購入すると、大河ドラマの他NHKの作品もたっぷりみられます。初回31日間無料、1000ポイント付与でNHKオンデマンドが実質0円でお試しできるのが特徴です。

TSUTAYA DISCAS

NHKオンデマンドで配信されていない大河ドラマはDVDレンタルで見ることができます。
TSUTAYA DISCASならネットで注文するだけで自宅に直接届けてもらえます。
定額で旧作なら借り放題。新作も8枚まで借りられて、返却期間がないのがうれしいサービスです。
30日間無料お試しあり。往年の名作が視聴可能な点が特長。

管理人いろは

中学2年生の国語の授業で平家物語「敦盛の最期」を勉強して以来、歴史ドラマにはまっています。特にNHKの大河ドラマが大好きです。リアルタイムでテレビを見る時間がないので、あとから見逃し配信を見たり、過去の作品をイッキ見して楽しんでいます。ゆかりの地を訪ねるのも楽しみの一つです。ドラマにほへとでは、管理人いろはが実際に見た大河ドラマの情報をまとめています。PCやスマホでイッキ見する方法も紹介しています。大河ドラマよ永遠に♪

いろはをフォローする
大河ドラマ鎌倉殿の13人
シェアする
いろはをフォローする
ドラマにほへと

コメント

タイトルとURLをコピーしました