NHK大河ドラマを初月無料で見る方法
本ページはプロモーションが含まれています。

2023年1月スタート大河ドラマ【どうする家康】松本潤さん主演、その他のキャストは?

okazaki どうする家康

2023年1月より大河ドラマ62作目となる「どうする家康」の放送がスタートします。

誰もが知っている歴史の有名人「徳川家康」を演じるのは、嵐の松本潤さんです。
戦国武将オールキャストともいえる今回の大河ドラマ。
どの俳優さんがどの武将を演じるのか気になります。

  • 「どうする家康」ってどんなドラマ?
  • 松本潤さんについて。
  • 他のキャストは?何役で出演するの?

についてご紹介します。
キャストのコメントもお届けします。

大河ドラマを見るならU-NEXT!まずは31日間無料体験
このボタンからで1000ポイントプレゼント

「どうする家康」のあらすじ

「どうする家康」では、誰もが知っている歴史の有名人徳川家康の生涯が描かれます。


貧しき小国・三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、駿河の大国・今川家のもとで人質として暮らしています。孤独な少年が、後ろ盾もなく、豊かな国土もないまま、死ぬか生きるか大ピンチを生き抜いていきます。

今川義元に見込まれた家康は十分な教育を受け、やがて今川家重臣・関口氏純の娘・瀬名と恋に落ちます。そこへ父の忠臣たちとの出会いがあり…。


「どうする?」と常に判断を迫られる乱世では、判断ミスでピンチも招くことも。ですが家康は決して逃げず、答えを出し続けます。

先行きが見えないのはいつの時代も同じです。家康は現代に通じるリーダー像そのもの。個性派ぞろいの家臣団に囲まれて、豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる兵たちと渡り合っていくことになります。


脚本は古沢良太さん。ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメントの幕開けです。

大河ドラマを見るならU-NEXT!
まずは31日間無料体験
このボタンからで
1000ポイントプレゼント

どうする家康 基本情報

脚本古沢良太
制作統括磯 智明
プロデューサー村山峻平、川口俊介
演出村橋直樹、川上 剛、小野見知
キャスト(出演者発表順)
徳川家康:松本潤
織田信長:岡田准一
瀬名/築山殿:有村架純
豊臣秀吉:ムロツヨシ
今川義元:野村萬斎
武田信玄:阿部 寛
酒井忠次:大森南朋
本多忠勝:山田裕貴
榊原康政:杉野遥亮
井伊直政:板垣李光人
鳥居元忠:音尾琢真
大久保忠世:小手伸也
平岩親吉:岡部 大
鳥居忠吉:イッセー尾形
於愛の方:広瀬アリス
服部半蔵/正成:山田孝之
石川数正:松重 豊
本多正信:松山ケンイチ
夏目広次:甲本雅裕
本多忠真:波岡一喜
渡辺守綱:木村 昴
登与:猫背 椿
大鼠:千葉哲也
女大鼠:松本まりか
徳川信康:細田佳央太
お市:北川景子
織田信秀:藤岡 弘
柴田勝家:吉原光夫
山県(飯富)昌景:橋本さとし
水野信元:寺島 進
久松長家:リリー・フランキー
松平昌久:角田晃広(東京03)
今川氏真:溝端淳平
糸:志田未来
関口氏純:渡部篤郎
巴:真矢ミキ
たね:豊嶋 花
お田鶴:関水 渚
鵜殿長照:野間口 徹
於大の方:松嶋菜々子
登譽上人:里見浩太朗
明智光秀:酒向芳
佐久間信盛:立川談春
浅井長政:大貫勇輔
穴山梅雪:田辺誠一
空誓:市川右團次
千代:古川琴音
茶屋清延:中村勘九郎
公式サイトhttps://www.nhk.or.jp/ieyasu/
公式Twitterhttps://twitter.com/nhk_ieyasu?cid=orjp-nhkpr-34510
どうする家康基本情報

「どうする家康」のキャスト

戦国武将オールキャストともいえる「どうする家康」は、織田信長、武田信玄、豊臣秀吉といった超有名な武将や、徳川家康(松本潤さん)の正室として築山殿(有村架純さん)も出演されます。

主なキャストのプロフィールをご紹介します。

松本潤さん(徳川家康)≫大河ドラマ2作目←「鎌倉殿の13人」に登場

1983年8月30日生まれ、東京都出身。人気アイドルグループ・嵐のメンバー(現在、嵐は活動休止中)。「ごくせん」「花より男子」シリーズに出演。主演ドラマ「ラッキーセブン」「失恋ショコラティエ」「99.9-刑事専門弁護士-」で俳優としての地位を築き、映画『ナラタージュ』、NHK「はじまりの歌」(2013)、「永遠のニシパ 〜北海道と名付けた男 松浦武四郎〜」(2019)にも出演。
大河ドラマは初出演。

松本潤さんのコメント

日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんのこと、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。

本来なら、大河ドラマ初出演の初主演の予定でしたが、2022年「鎌倉殿の13人」の主人公・義時を演じた小栗旬さんからのリクエストで、「鎌倉殿の13人」最終話に松本さんが家康として出演しています。なので、大河ドラマは「どうする家康」で2作目の出演ということになります。

有村架純さん(家康の正室・瀬名/築山殿)≫大河ドラマ初出演

1993年生まれ、兵庫県出身。『ハガネの女』でドラマデビュー、連続テレビ小説『あまちゃん』の好演で注目を集める。映画「ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞をW受賞。同作と「ストロボ・エッジ」で第58回ブルーリボン賞主演女優賞に輝く。2017年連続テレビ小説『ひよっこ』ヒロイン。特集ドラマ『太陽の子』はじめ『中学聖日記』『コントが始まる』など話題作に出演。
ドラマ『失恋ショコラティエ』、映画「ナラタージュ」に続き、松本潤さんとは3度目の共演。

岡田准一さん(織田信長)

1980年生まれ、大阪府出身。95年、V6のメンバーとしてCDデビュー。歌手活動以外にドラマ・映画など幅広い分野で活躍。ドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS)で人気を集め、映画「陰日向に咲く」、「SP野望篇」「SP革命篇」、「天地明察」、「図書館戦争」などで主演。2014年には大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演。「関ヶ原」、「散り椿」、「燃えよ剣」の主演を担い、時代劇界では欠かせない存在となっている。

大河ドラマは

第53作『軍師官兵衛』(2014年)…主演・黒田官兵衛 役

ムロツヨシさん(豊臣秀吉)

1976年1月23日生まれ、神奈川県出身。大学在学中に役者を志し、99年に作・演出・出演を行った独り舞台で活動を開始、現在映画、ドラマ、舞台とジャンルを問わず活躍中。2008年から始めた自身のプロデュース舞台「muro式」では脚本・演出を手がけ、出演もする。ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』、『親バカ青春白書』、『ハコヅメ』、映画「新解釈・三國志」、「マイ・ダディ」、舞台「恋のヴェネチア狂騒曲」などに出演。

大河ドラマは

第51作『平清盛』(2012年)…平忠度 役
第56作『おんな城主 直虎』(2017年)…瀬戸方久 役

阿部 寛さん(武田信玄)

1964年生まれ、神奈川県出身。「はいからさんが通る」で映画デビュー。舞台「熱海殺人事件~モンテカルロ・イリュージョン~」で主人公を演じ話題となる。その後、『八代将軍吉宗』をはじめ、『元禄繚乱』、『武蔵 MUSASHI』、『義経』、『天地人』と大河ドラマに立て続けに出演。ドラマ『TRICK』シリーズや『ドラゴン桜』、『結婚できない男』『下町ロケット』など幅広い役柄で多くの人気を集める。映画「テルマエ・ロマエ」では日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞。近年も映画「護られなかった者たちへ」、「とんび」など話題作主演を務め、NHKでは『坂の上の雲』(秋山好古 役)、『スニッファー 嗅覚捜査官』(主演)がある。

大河ドラマ 過去5作に出演!

第34作『八代将軍吉宗』(1995年)…松平乗邑 役
第38作『元禄繚乱』(1999年)…堀部安兵衛 役
第42作『武蔵 MUSASHI』(2003年)…祇園藤次 役
第44作『義経』(2005年)…平知盛 役
第48作『天地人』(2009年)…上杉謙信 役

野村萬斎さん(今川義元)

1966年生まれ。東京都出身。祖父・故六世野村万蔵及び父・野村万作に師事。94年に野村萬斎を襲名後、国内外で多数の狂言・能公演に参加、普及に貢献。大河ドラマ『花の乱』、連続テレビ小説『あぐり』、時代劇『鞍馬天狗』をはじめ、映画「陰陽師」、「のぼうの城」、「スキャナー」(古沢良太 脚本)などに出演、多分野にわたって活躍。蜷川幸雄や三谷幸喜が手掛ける狂言以外の舞台にも積極的に参加。芸術祭新人賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞ほか、受賞多数。重要無形文化財総合指定者。

大河ドラマは

第33作『花の乱』(1994年)…細川勝元 役

大森南朋(おおもり なお)さん(酒井忠次)

1972年生まれ。東京都出身。高校時代はバンド活動をしていて、1993年、映画『サザン・ウィンズ 日本編 トウキョウゲーム』でデビュー。2007年ドラマ『ハゲタカ』で主人公を演じ話題となる。朝ドラ『ちむどんどん』にも出演していました。

大河ドラマは

第49作『龍馬伝』(2010年)…武市半平太 役

大森南朋さんのコメント

殿をお慕い申して、でも結構お調子者みたいな、しっかりしている部分もあるんですけど、舞を踊ったり、お調子者です。もう、松本潤さんが殿にしか見えないので、一年間よろしくお願いいたします。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

山田裕貴さん(本多忠勝)

1990年生まれ。愛知県出身。2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のジョー・ギブケン / ゴーカイブルー役で俳優デビュー。朝ドラは『なつぞら』『ちむどんどん』に出演していました。

大河ドラマは

第56作『おんな城主 直虎』(2017年)…庵原助右衛門朝昌 役

山田裕貴さんのコメント

台本を読む前から、本田忠勝は戦国最強の武将だというイメージは自分の中にあったので、この役になって正直びっくりしました。殿について行くという気持ちで、お役にたてればと思うので、ぜひよろしくお願いいたします。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

杉野遥亮(すぎの ようすけ)さん(榊原康政)≫大河ドラマ初出演

1995年生まれ。千葉県出身。2016年、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』で俳優デビュー。『スカム』『山本周五郎ドラマ さぶ』『直ちゃんは小学三年生』など主演。

杉野遥亮さんのコメント

役柄はちょっと生意気、物言いとかタメ口をたたくところとか、面白く深く役になっていけたらいいなと思います。松本潤さんと所作稽古でご一緒したことがあって、ぼくは体が硬いのでストレッチ頑張ります。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

板垣李光人(いたがき りひと)さん(井伊直政)

2002年生まれ。山梨県出身。2歳からモデルとした活動。小学5年生から俳優として活動スタート。

大河ドラマは

第54作『花燃ゆ』(2015年)…吉田寅次郎(幼少期) 役

第60作『青天を衝け』(2021年)…徳川昭武 役

杉野遥亮さんのコメント

大河ドラマは3回目の出演ですが、今回合戦シーンがあれば初めての経験です。女性とのすったもんだがある役柄で、それは僕としとはなかなかない役柄。快活で不遜な物言いをする役どころですが、殿に全力でお仕えします。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

音尾琢真さん(鳥居元忠)

1976年生まれ。北海道出身。大泉洋、安田顕と共に演劇ユニットTEAM NACSのメンバー。『山村美紗サスペンス 黒の滑走路』シリーズ、『陸王』、朝ドラ『なつぞら』など、出演作多数。

大河ドラマは

第49作『龍馬伝』 (2010年)…望月亀弥太 役

第54作『花燃ゆ』(2015年)…品川弥二郎 役

音尾琢真さんのコメント

鳥居元忠という役は、家康が幼少の頃よりずっと一緒にいる役でして、家康さんの幼なじみの遊び仲間のような感じで、いい時も悪い時もずっと一緒に支えていられる役でいいなと思います。長年自分が活動しているTEAM NACSと同じです。殿、一年以上の撮影になると思いますが、常にそばについております。撮影を楽しみましょう。家康だけに「イエイ!」

NHK「チーム家康」メンバー会見より

広瀬アリスさん(於愛の方)≫大河ドラマ初出演

1994年生まれ。静岡県出身。広瀬すずさんのお姉さん。モデルに女優に活躍されています。朝ドラ『わろてんか』、『探偵が早すぎる』シリーズ、『恋なんて本気でやってどうするの』など出演作多数。

広瀬アリスさんのコメント

於愛の方は読書好きで近眼という役柄が非常にユーモラス、いるだけで太陽のような女性なのかなと思いました。殿を全身全霊で支えられたらなと思います。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

山田孝之さん(服部半蔵/正成)

1983年生まれ。沖縄県出身。1999年『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。映画『電車男』、『世界の中心で、愛をさけぶ』など話題作で主演。朝ドラ『ちゅらさん』シリーズ。など出演作多数。

大河ドラマは

第39作『葵 徳川三代』(2000年)…竹千代(後の徳川家光) 役

広瀬アリスさんのコメント

いじられキャラというか、そういう設定になっているので、いじられたいと思います。
殿、今回色々判断する局面がありますが、頑張ってください。わたしも半蔵として殿を支えます。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

松重 豊さん(石川数正)

1963年生まれ。長崎県生まれ福岡県出身と名乗る。かつて三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに所属していました。舞台で活躍していましたが、2012年『孤独のグルメ』シリーズで人気を博し、多方面で活躍中。朝ドラは『ちりとてちん』、『カムカムエブリバディ』出演。

大河ドラマは

第36作『毛利元就』(1997年)… 吉川元春役
第40作『北条時宗』(2001年) …謝太郎役
第52作『八重の桜』(2013年) …八重の父・権八
第58作『いだてん』(2019年) …東京都知事・東龍太郎

松重 豊さんのコメント

歴史というオリジナルでは作れない部分がかなり多いにもかかわらず、さすがの古沢ワールドが脚本の中に投入されていて、読んでいて面白いです。チーム家康のヒューマンドラマがどう面白くなるは、実際に演じるぼくらの責任だと思っています。石川数正という役は、教育係というかガミガミと上から目線で怒鳴りつけるという役柄なんですが、松本潤さんにはチーム家康の大船に乗ったつもりでのびのびと楽しんでほしいです。

NHK「チーム家康」メンバー会見より

北川景子さん(お市の方)

1986年8月22日生まれ。兵庫県出身。2003年からドラマ映画など多数出演。2016年DAIGOさんと結婚。

大河ドラマは

第57作『西郷どん』(2018年)…天璋院篤姫 役

【メッセージ】

戦国の乱世で家系の存続のため、家族を守るため、自分の命を全うした人物です。何のために生きて、どんな死に方をするか。冷静に判断できる聡明さと、強さ、家族に対する愛、家の誇りを表現していきたいです。

2022.7.13 ツイッターメッセージより

最後に

2023年大河ドラマ「どうする家康」は、これから続々と新キャストが発表され、撮影も着々と進行しています。

歴代の大河ドラマで何度も登場した「徳川家康」。

松本潤さんがそんな家康を演じられるのか、今からワクワクします。

放送スタートが今から楽しみですね。

大河ドラマを見るならU-NEXT!まずは31日間無料体験
このボタンからで1000ポイントプレゼント

U-NEXT
U-NEXTの青の画像

22万本以上の見放題動画と3万本以上のレンタル動画が楽しめる動画配信サービス。NHKオンデマンドをU-NEXT内で購入すると、大河ドラマの他NHKの作品もたっぷりみられます。初回31日間無料、1000ポイント付与でNHKオンデマンドが実質0円でお試しできるのが特徴です。

TSUTAYA DISCAS

NHKオンデマンドで配信されていない大河ドラマはDVDレンタルで見ることができます。
TSUTAYA DISCASならネットで注文するだけで自宅に直接届けてもらえます。
定額で旧作なら借り放題。新作も8枚まで借りられて、返却期間がないのがうれしいサービスです。
30日間無料お試しあり。往年の名作が視聴可能な点が特長。

管理人いろは

中学2年生の国語の授業で平家物語「敦盛の最期」を勉強して以来、歴史ドラマにはまっています。特にNHKの大河ドラマが大好きです。リアルタイムでテレビを見る時間がないので、あとから見逃し配信を見たり、過去の作品をイッキ見して楽しんでいます。ゆかりの地を訪ねるのも楽しみの一つです。ドラマにほへとでは、管理人いろはが実際に見た大河ドラマの情報をまとめています。PCやスマホでイッキ見する方法も紹介しています。大河ドラマよ永遠に♪

いろはをフォローする
どうする家康大河ドラマ
シェアする
いろはをフォローする
ドラマにほへと

コメント

タイトルとURLをコピーしました