NHK大河ドラマを初月無料で見る方法

光る君へ

光る君へ

【光る君へ】第26話”いけにえの姫”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。詮子と道長に【鎌倉殿の13人】の香り。

2024年大河ドラマ『光る君へ』第26話のタイトルは「いけにえの姫」。普段あまり耳にしない「いけにえ」というタイトルにドキッとした方も多いのではないでしょうか。日食に続いて大地震に見舞われた都。天と地の気の流れを変えるために道長が血を流す時がやってきました。いよいよ道長も闇落ちして『鎌倉殿の13人』義時になるのでしょうか。
光る君へ

【光る君へ】第25話”決意”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。まひろは結婚、道長は辞職を決意するが…

2024年大河ドラマ『光る君へ』第25話のタイトルは「決意」。 まひろが宣孝との結婚を決意します。乙丸はきぬ、いとは福丸との幸せを、そして道長は左大臣の辞表を出すという「決意」に満ちた25話です。鴨川の氾濫や、太陽を覆う日食など、都にひたひたと災いの足音が忍び寄ってきます。
光る君へ

【光る君へ】第24話”忘れえぬ人”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。乙丸、宣孝、周明それぞれの思い。

光る君へ第24話「忘れえぬ人」では、まひろは宣孝から包み込まれるような求婚を受けます。忘れえぬ人・道長への思いのほかに、乙丸の思いや周明の苦悩、そして長年の友・さわとの別れによって「自分が思うだけが自分ではない」ことにまひろが気付きます。都では一条天皇と定子に『源氏物語』桐壺のような新しい展開が待っています。
光る君へ

【光る君へ】×【源氏物語】をもっと楽しむには、耳で聴く朗読・オーディオブックがおすすめ。実際に使ってみた感想。

大河ドラマ『光る君へ』を見ていて、どこが『源氏物語』のオマージュなんだろう?と知りたくなりませんか?そんなあなたに「kindleの読み上げ機能」「アレクサの読み上げ機能」「図書館で借りた電子書籍の読み上げ機能」を使った末、Amazonオーディブルにたどり着いた私の実体験からをお伝えします。
光る君へ

【光る君へ】独自考察「年の差婚」プロポーズ!宣孝はいつからまひろに恋心を?

『光る君へ』23話のラストで宣孝(佐々木蔵之介さん)がついにまひろ(吉高由里子さん)にプロポーズしました。歳の差20歳の「年の差婚」夫婦の誕生です。この記事では、イケオジ宣孝がまひろを女性として見初めたのは実際いつからなのか?について、独自に考察していきたいと思います。
光る君へ

【光る君へ】第23話”雪の舞うころ”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。まひろと宣孝、周明、道長の四角関係?

2024年大河ドラマ『光る君へ』第23話のタイトルは”雪の舞うころ”。雪の舞う越前の景色が美しく、周明とまひろの中国語の会話がちょっと切なくて、周明が序盤でまひろに「不要相信我(bù yào xiāng xìn wǒ)僕を信じるな」と言っていたのが、次の展開を暗示している気がしてなりません。
光る君へ

【光る君へ】第22話”越前の出会い”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。周明との出会いは三郎と同じ。直秀の香りも。

2024年大河ドラマ『光る君へ』第22話のタイトルは「越前の出会い」越前でまひろと宋の人・周明(松下洸平さん)が出会います。第二章まひろの幕開けは三郎と同じ出会いから。直秀の香りもする周明との展開に注目です。都の道長は大変そうですがパワーアップした明子が支えます。
光る君へ

大河ドラマ【光る君へ】初回からの退場者一覧!結末は?まひろと道長の最後は?呪詛(じゅそ)比率高め、そして誰もいなくなる?

2024年の大河ドラマ『光る君へ』。武士や戦乱がテーマの作品ではないので退場者は少ないだろうと予想していましたが、なんのその。謀略と呪詛が渦巻く中でジェットコースター並みに退場者が続出しています。この記事では初回からの退場者リストをお届けします。あの人、この人の最期を見届けたい方はぜひどうぞ。
光る君へ

【光る君へ】ネタバレあらすじ&みどころ!最終話までわかりやすく!放送日程も紹介!2024年大河ドラマ

2024年1月7日に放送がスタートした大河ドラマ『光る君へ』。吉高由里子さんが主人公の「まひろ/紫式部」を演じています。1話から最終話までのネタバレあらすじと管理人いろはの感想をお届けします。
光る君へ

【光る君へ】第21話”旅立ち”再放送は?どこで見れる?ネタバレあらすじと感想。清少納言『枕草子』の誕生!

2024年大河ドラマ『光る君へ』第21話のタイトルは”旅立ち”。 定子の辛さと悲しさ、清少納言が定子を思って書き始めた『枕草子』の場面が秀悦でした。伊周が大宰府に旅立って道長の地位は不動のものになっていきます。そして道長のダークな面が少し垣間見える部分もありました。父・為時と共にまひろも越前に旅立ちました。22話からは越前に舞台を変えてまひろの新たな世界が広がっていきます。